読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえがき

はじめまして。

 

 

 

なんとなく開設してしまったはてなブログ


実は結構前に作ってはいたんだけど、何を書いていいのやら・・・


と書くこと自体に"はてな"なくらい悩んで放置しまくった。


から、とりあえずなご挨拶。

 

 

 

 

 

ブログなんて高校以来、なんなら中学以来で、

それからはもうずっとtwitterっ子で140字の魅力にとらわれて生きてきた。

もちろん今だって。

 

 

 


だから今さらブログなんて!されどブログ!!


書きたいことを思うままに書いていこうと思います。

 

 

 

誤字・脱字なら大目に見てほしい!

きっと文章になってないまとまりも何もない意味不明なことを書いて勝手に終わっていると思う!!許してほしい!先に声を大にして伝えておく!!

 

 

 

 

 

 

 

たぶんこれから書いていくことは主に自分が好きなこと、

すなわち関西Jr.についてツラツラと書いていく。

 

 

 

あのね、あの子たちって本当に可愛いんだよ。


(誰に訴えてるんだよ)

 

 

みんな仲良しこよしでキャッキャッ騒いでるその瞬間。

私はすごく幸せなんだよ。


あぁ、ショタです。自分はショタです。宣言します。

 

 

 

彼らを眺めている時はたいてい「かっこいい」より「かわいい」を連呼してる私。

だって可愛いんだもん!

 


でも最近成長が著しくてかっこいい大人になろうとしている子も何人かいる。

私はその成長を親の気持ち、なんなら孫を見るおばあちゃんの気持ちで見てる。


早いよ、男の子の成長ってなんでこんなに早いのさ!

困る!けど好き!!

 

 

きっとこれからもこの先も彼らを眺めて可愛いと叫んでいるのであろう(遠くを見つめる)

 

 

関西というワードだけで笑いのハードルが上がってしまう彼らは最高に可愛い。


まだまだお笑いなんて全然だけど、ここに入った以上東京には求められない笑いを求められる。


笑いに磨きをかけて頑張ってほしい。もちろんジャニーズとしても。

てか、本業はそっちでしょ。

 

 

 

 

 

 


あ、担当さんはショタ枠ではありません。

ここまで書いておいてあれですけど。


きっと私のレポを見れば、あぁ!あの方ですね!なんて秒で分かると思います。

 


西畑大吾のマネージャーしてる、人々のりあこ枠のギタリストさんです。


彼に嵌った理由なんてたくさんあるし、好きなところもたくさんあるけど、語るにはちょっと難しいお方。

 


過去にどこが好きなの?って聞かれた時、うーん?ってめっちゃ悩んでしまった事がある。(本当に担当かよ)

だから、今思いつくことを書いておこう。

 

 

 


まず、激烈にお写真が盛れないし、映像だってそんなにだ(おい)

なんだかいまいちな写真が多くて個人的には、今のステフォにも魅力を惹かれてなかったり(けどお買い上げしてます)

 

彼は会わないと分からんよ!是非動く姿を目で確認してほしい。

でも周りに紛れ込める天才だからすぐには見つけれないかも。見つけたら是非目で追ってほしい。すぐダンスを間違えるから。

そんな彼も可愛くって好きなのさ。

 

 

あと、彼の出してる雰囲気はすごく好き。

ここが彼の要なのではないか?人々が感じるりあこ。

 

何あのなんでも受け入れてくれる包容力。
自分で言うだけあるね。っていうくらいずるい。

めっちゃ真顔で頑張ってる時はかっこいいし、はいはいってふにゃって笑ってくれる笑顔やばいし、ぼーっとしてるけどちゃんと後ろから全体を見てくれてる。

 

そんな彼を好き勝手振り回せれる西畑大吾を私は憎んでいる。

(この話をするとすごく長くなりそうだからまたの機会に)

 

 

 

 

 

あと、すごくどこにでもいそうな顔じゃない?


え、あ、この人もジャニーズなのね!

なーんて事も言えちゃうよ。

 


すごくジャニーズが似合わない。けど、頑張ってるから。

 

ギター頑張ってるから。

中学からやっているというだけあって、現バンドメンバーではギターのポジションは一番歴が長い。

 

 

あぁ素敵。

ギター背負って毎公演来てくれてるんだよ?(毎回はいいすぎかもだけど)
好きしかない。

 

ベースもできるし、ピアノも昔やってたみたいだし、何その一人でバンドできますよみたいな感じ!!

せっかくベースを教えてくれたのに、3日坊主でやめた西畑大吾にはさらに怒れてくる(これも長くなりそう)

 

とりあえず好き!!

 

 

 


まぁ彼はぶっちゃけると2015の夏から光を浴び始めたと勝手に思ってる。

突然の配役な。「誰やこいつら!」って世界になった赤トリオ。

好きだよ。

 

 

そんな彼の成長をここに綴っていきたい所存であります。

 

できれば1公演1公演を大切にここに記していきたい。


もっと早く始めればよかったな。

 

 

(あれ、これ前書きにしようと思ってたのに、すごく長くなってた…。

 彼について書きすぎた…。)

 

 

広告を非表示にする